大学生のアルバイト事情を描く 『ガソリンスタンド end』 私がアルバイトを辞めるに至った経緯を話そうと思います。

2019年6月23日Message(皆様に伝えたいこと), Part time job(アルバイト)ガソリンスタンド

こんにちは! まったり投稿です。

今日は皆さんにご報告があります!!

Twitterでも書きましたが、5月を持ちまして私はガソリンスタンドのアルバイトを辞めたいと思います。

 

 

何故辞めるのか、、、理由・考えを今回この記事に書きたいと思います。つまらない話かもしれませんが、ぜひ最後まで聞いていただけたらありがたいです。

 

そもそも辞めるきっかけとなった出来事は何?

まず、最初に気になると思うのがアルバイトを辞めるきっかけだと思います。大半は「アルバイトが嫌になった」「つまらない」等といった理由が多くあげられると思います。

私もそういった理由でアルバイトが少し嫌になったから辞めようと思ったのです。

しかし、時給が良いので「辞めるともったいない」という思いがあり、ダラダラ~~としながら働いていました。

 

そんなある日、私は社員さんにこう言われました。

 

社員さん
(まったり投稿の主)、、、これやっておいて~~

 

ここですぐに「分かりました。やっておきます!!」等の肯定文や「すいません、今作業をしているので後でも大丈夫ですか?」という否定文などを言っておけば良かったのですが、私はこう言ってしまいました。

 

まったり投稿の主
時間があったらやっておきますねぇ~~

 

確かにこの答えでも良かったのかもしれません。しかし、その時の私は曖昧な返事と社員さんから言われた仕事をやりたくないためにその場を乗り切ろうとしてしまいました。その言葉を聞いた社員さんは次にこういってきます。

 

社員さん

時間がないのか、、、。じゃあ時間があればできるんだな?逆に聞くがお前が時間がない時ってどういう状況だ?

まったり投稿の主
えっ!?
社員さん
俺たち社員が時間がない状況を作ってしまっているなら改善をしようと思う。だから時間がない状況ってどういうことなのか説明してくれ!
まったり投稿の主
そ、それはですねぇ~~💦💦

 

私はすごく焦っていました。だってやる時間がないわけではないのですから、、、。

本音は「その仕事がめんどくさくてやりたくなかった」というだけです。

だから、、、

 

まったり投稿の主
、、、すいません。時間がないということは嘘になりますね。すいませんでした。すぐに取り掛かります。

 

すぐに謝ることにしました。しかし、社員さんは逃げようとしている私を逃そうとはしませんでした。

 

社員さん
じゃあ、なんでさっき私にそんな嘘を言ったんだ?
まったり投稿の主
それは、、、
社員さん
それは?
まったり投稿の主
・・・
社員さん
・・・
まったり投稿の主
・・・
社員さん
・・・だんまりかい。いいか?この際、私はお前にはっきり言っておくぞ、、、
社員さん
お前は私を見下しているのか?いないのか?どっちだ😡😡
まったり投稿の主
、、、見下してないです

 

しかし、その声はとても弱弱しい感じでした。それを社員さんは感じ取ったのでしょう。再度問い詰めてきました。

 

社員さん
そういうのはいい。まずこの質問をした時点で、私はお前に舐められているということは分かった。そもそもそれは普段の態度から出ていた、、、。
社員さん
断言する!!お前は私を舐めている!!
まったり投稿の主
そんなことは、、、
社員さん
じゃあ仮に私の指示したことを店長が行ったらどうだ?お前はすぐに「やっておきます」とかいうだろ?
まったり投稿の主
・・・はい。多分言っていたと思います。
社員さん
多分」ではなく、「絶対」なんだよ!!
社員さん
店長と私のいうことが全く同じ事をいってもお前は、その時によって態度が変わるだろ?おそらくお前の中では私たちは格付けられているんだろ?その指標で判断して動くかどうか決めている。そうだろ?

 

私は言葉を失ってしまいました。ぐうの音も出ないほど、私の本質をとらえていたからです。ここまで来たら曖昧な言い訳は通用しないということで本心で話すことにしました。

 

まったり投稿の主
はい。”多分”私は社員さんの言う通り、立場的な面で判断していたのだと思います。
社員さん
その”多分”とか辞めろ!!イライラする!!言い逃れしようとするな!!
まったり投稿の主
、、、そういう目で見ていたと”思います”。
社員さん
「思います」っていうのもだめだ!!私が聞きたいのはお前の本心だ!!
まったり投稿の主
、、、そういう目で見ていました。
社員さん/figcaption>
、、、よろしい。その上でお前に一つ忠告しておくぞ。
まったり投稿の主
、、、はい。
社員さん
あんまり人を舐めるなよ。こんなことを他人から言われている時点でお前は人を舐めているか見下している。
社員さん
だがな、、、それを人に悟られた時点でお前はもう信用はないし、お前も人から見下されている形になるんだ。
社員さん
今はアルバイトという立場だから、信用はなくてもいいかもしれんがな、、、。もしこれが社会に出て働いた時に人の信用を失えば、もうそこでは生きていけないんだ。お前もそのくらい分かるだろう?
まったり投稿の主
はい、分かります。
社員さん
だろ?今までもそういうことは多々見られてきたんだ、、、。お前は何かあれば責任を逃れようと「でも、それは○○が」とか「だって、、」とかそんなことばかり言っていた。その度に私は一旦それを聞き届け、腹の中に落とした。だが、結局お前はその態度を変えようとしなかった。だから今回こんな形で真剣に話しているんだ。
まったり投稿の主
・・・
社員さん
お前は人を見下していると同時に、言い訳しかできない人間なんだ、、、。まずはそれを自覚しなさい!!
まったり投稿の主
はい。

 

私はこの時、頭が真っ白の状態でした。しかし同時にここまで私の人間性を理解した人はいないとも思いました。

 

社員さん
そもそもなんで私がお前の本質に気づいたか分かるか?
まったり投稿の主
、、、分かりません。
社員さん
それはな、、、かつて私もお前のように人を見下して生きて、言い訳も多々してきたからだ。
まったり投稿の主
!!

 

私はとても驚きました。社員さんはいつも自信があるように仕事をしていて何も迷わない人に見えたからです。

 

社員さん
だがな、、、私はある時、言い訳をしている人間や人を見下している人間を見たんだ。
社員さん
その時に思ったよ、、、。「あぁ、滑稽だな。かっこ悪いな。」と、、、。これが自分に当てはめてみた時に自分もこういう行動をしているんじゃないかと気づいたんだよ。だから私はこんなかっこ悪い人にはなりたくないと思い、そこから自信を付けるために行動した。
社員さん
人は言い訳をする生き物だ。それは仕方がない。だが、それを押し込める心が必要だ。そういう心を作っていくためには自分に自信を付けることや精神を強くすることが大事だと私は思う。また、変なプライドも捨てることだ。
社員さん
人間っていうのはな、、人と見比べて優越感を浸りたいと思ってしまう生き物なんだ。それは良い時もあれば悪い時もある。特にこの人に勝ったからうれしいとか負けたから悔しいと考えるんじゃなく、もっと視野を広げて考えてみるんだ、、、そうすれば変なプライドなんか消え、「自分はまだまだだな」っていうことを自覚することができる。まぁこれができる人間っていうのが中々いないんだけどなぁ~~。
まったり投稿の主
・・・
社員さん
こんな偉そうなことを言っているけど私もまだまだ視野が広く周りを見ているとは言えない。だが、少なくともお前よりは視野を広くもってみているとは断言できる。だってお前は過去の私と全く同じ状況なのだから、、、。
社員さん
ここまで言ってなんだけど、別にもうお前には興味がない。
まったり投稿の主
・・・

 

そういわれた時、「まぁ~~そうだろうな」と思いました。

 

社員さん
だが、私はお前に限らずバイトの子達全員を預かっている身だ。だから社会に出ても恥ずかしくないような人間になって送り出したいという思いはある。
まったり投稿の主
・・・

 

何故この人はここまで損得勘定抜きで考えられるのか不思議に思いました。将来私がどうなっていようが、社員さんには全く関係ないのにここまで行動できることが不思議でなりません。だから、私は、、、

 

まったり投稿の主
なんで、社員さんは自分に得がないのに、そこまで私たちのことを考えてくれるのですか?
社員さん
そうだなぁ~~。確かにそれは不思議に思うよな、、、。人間って損得勘定抜きで動く人は珍しいからな。

 

社員さんが言った理由は個人情報にも関わるのでここでは載せることができませんが、簡単にいうと私たちに感謝しているということでした。その感謝に応えようと、社員さんは自分なりの経験から私の生き方が今後社会においてダメな人間になると判断したから、このような形で責をしたのでした。

そこから数十分程度話して、終わりました。



バイト終了後・・・

バイトが終わった後、私は今までの生き方について振り返ってみることにしました。振り返ってみると、私は言い訳をして逃げてきた人生だったということがはっきりとわかりました。

 

まったり投稿の主
なんで、、、こんな生き方になってしまったんだろう、、、。

 

アルバイトが終わった後、そして次の1日も自分なりに考えてみました。そして私は自分なりに1つの結論を出すことにしました。それは

 

 

アルバイトを辞め、自信を付けられるように人と関わりを持つ行動を行う

 

 

といったものです。

 

皆さんはこれを逃げと考えているかもしれません。確かに今までの話を聞いたら、社員さんが怖くて逃げだしただけという見方もできるでしょう。確かにそれも一部あります。

 

ですが、それ以上にこのままアルバイトをやっていても何か考え方の変化・行動の変化を起こしていかなければ自分は絶対に変われないという謎の自信があったからです。私はもうこのアルバイトに熱心に取り組むことはできないでしょう。それは会社やお客さんに迷惑をかけてしまいます。

 

だったらいっそのこと辞めた方がましです。しかし、ただ辞めるだけでなくその後の行動計画について私は怒ってくれた社員さんに言いました。

これは今までの自分との決別と生まれ変わろうとしている自分への決意の表れを証明するためです。

この行動計画は、

チェック 自分がガソリンスタンドを辞めて空いた時間を何に使うのか?
チェック 自信を付けるためにどういう行動を起こせばいいのか?     

 

を稚拙ながらにまとめたものです。

今までこんなに真剣に計画を立てたことはありませんでした。それは別に計画通りに進まなくても良いという自分への甘い思いがあったからに他なりません。

その行動計画を1時間かけて私は社員さんに伝えました。聞いた後、社員さんはこう言いました。

 

社員さん
少し抜けている計画だな、、、。
まったり投稿の主
・・・
社員さん
だが、自分を変えようとした熱意は伝わった。そのためにお前はここを辞めるんだろ?
まったり投稿の主
はい!!

 

私はこの時初めてちゃんと向き合えて話すことができたような気がしました。

 

社員さん
・・・。もうお前は少しずつ変わっているよ。この前みたいに弱々しくない。だが、その緊張感を忘れるな!!その気持ちがなくなったらお前は元の自分に戻ってしまう。
まったり投稿の主
はい、分かっています。そうならないように常々考えながら行動します。

 

これがアルバイトを辞めるに至った経緯となります。

 

見ている人にとって、これは逃げだと感じる方もいるでしょう。ですが、私は自分が決断したことについて後悔はありません。自分を変えるきっかけとして辞めるのです!!

 

最後に私が皆さんに伝えたいこと・・・

 

今回、ガソリンスタンドのアルバイトでの出来事を通して私は一つ学びを得ることができました。

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

自分を変えたいと思ったら、まずは現状の自分を受け入れること・自覚をすること。そして、そこから自分はどのような行動を起こせば良いか真剣に考えてみること。その決断をしたら、すぐに行動を起こしてみること。(それが例え会社を辞めることにつながろうとしても、、、)

これが、あなたの人生のターニングポイントになり得るのだから、、、

 

 

まったり投稿の主

久しぶりの”まったり投稿”での登場でした。しかし、重たい記事の内容になってしまってすいません。
上の言葉通り自分を変えたいと思ったら、アルバイトをやっている暇はないと私は思います。もしアルバイトに価値があるというのであれば、何かを見出すのも一つの手です。しかし、お金のためだけに働くのは意味がありません。この件を通して痛感しました。

まったり投稿の主
もしよろしければ、コメント欄にて意見・感想をお書きください。Twitterでのコメントもお待ちしております。

 

では、また次の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク